とても大切な写真のお話 その1

まずお相手の資料と写真をお見せして、会いたい方を選んでいただく当クラブのシステム。

写真は、とてもとても大切です。

 

では、見た方が

「ぜひ、お会いしてみたい」

と思う写真とは、どんなものでしょうか?

また、逆に『ふさわしくない写真』とは、どんな写真でしょうか。

今回は、『ふさわしくない写真』について例をあげてみます。

 

まずは、普段の雰囲気とかけ離れている写真

普段と違いすぎNG

一昔前は、お見合い写真というと振袖でしたが、最近では自然な雰囲気が好まれますので、あまりかしこまらないものの方がお奨めです。

お洋服やお化粧や髪型をあまり普段と違う風に作りこむと、実際にお会いした後「イメージが違いすぎた」と、断られる場合がありますから、

さじ加減が大事です。

 

とはいえ逆にカジュアルすぎる服装やポーズは

「この人、真剣に結婚を考えているの?」

と見られてしまいます。

カジュアルNG

スナップ写真は、自然な表情が出て印象が良い場合もありますが、ピースサインやあまり普段着過ぎるものは、マイナスの印象を与える場合もあります。

 

また、背景が白でお洋服も白いものは、ディスプレイで見るときハレーションをおこしてしまいますのでお避けください。

 

白*白NG

同様に、背景、洋服共にモノトーン(白・黒・グレー)ですと雰囲気が堅く、暗いイメージになってしまいますからご注意ください。

 横に写したものはスキャニング画面に取り込めませんので、お受けできません。

 

男性の場合は、スーツでお撮りになる方が多いと思いますが、スーツのサイズが合っているか、ズボン丈、シャツの袖丈はぴったりかは、大きく印象を左右します。

また、写真館でお撮りになる場合でも、少し笑顔の方が優しさや包容力を感じさせます。

就職活動用ではありませんから、証明写真のような堅い表情ものは当然よろしくありません。

女性のようにお化粧や髪形で演出できない分、細部まで気を配ってください。

 

入会時にご登録いただいたお写真を替えたい場合は、手数料1000円にて承ります。

また、2枚まで別の写真を追加登録してお相手に見てもらうことができます(手数料1枚につき1000円)

ぜひ担当カウンセラーにご相談ください。