しあわせ通信

このコーナーは趣きを代えて、クラブから皆さんへの「自由なメッセージ」ということでお届けいたします。今後の活動の参考にしてください。

相手を思いやる心の大切さ

12月も押し迫った週末のことです。その日も「お引き合わせ」がビッシリ組まれていました。女性は定刻より10分ほど早くお見えになり、男性の到着を待っていました。ところが定刻になっても男性は現れず、10分、20分と時間が経っていきました。
 通常は5分の遅刻でも「印象が悪くなるのでは」とカウンセラーは緊張します。「もう少しお待ち下さいね」と私は女性にお詫びしながら、内心気が気ではありませんでした。

男性には、携帯に何回も連絡を入れるのですが、まったく応答がありません。もうダメかしらと思った時に、息せき切って男性がクラブに到着しました。
 「申し訳ございません。車で来て渋滞に巻き込まれてしまいました。」そう言って彼は礼儀正しく、深々と頭を下げられたのです。

時間が読めないこともあり、引き合わせの日は車での来所は厳禁としており、女性はそのルールをよく知っていました。引き合わせる私も会員の引き合わせでの遅刻は初の経験で、女性がどのような反応を示すかとても心配でした。もし怒られたらどうしよう、とこちらが緊張してしまいました。
しかし、それは杞憂でした。女性が「事故でなくてよかったですね」とにっこりと男性を迎えられたのです。緊迫していたその場の空気が、その一言ですっかり和みました。

その時の、男性のほっとした笑顔は今でも忘れられません。意にそわないとすぐ感情的になる人が多い昨今、我が事のように嬉しいエピソードでした。相手を思いやる心の大切さ、この女性のお気持ちが、男性の心を優しく包んだのでしょうか。
その後、お二人は、4ヵ月の交際期間を経てめでたくゴールインされました。

個人のプライバシーに配慮し、設定や状況は実際と変えてあります。