しあわせ通信

このコーナーは趣きを代えて、クラブから皆さんへの「自由なメッセージ」ということでお届けいたします。今後の活動の参考にしてください。

会って頂くことの大切さ

男性は51才で初婚。ご自身のご両親との同居を強く希望されていました。
しかし、幾度となく資料を見て頂くのですが、ご希望の条件に叶う女性は現れません。とても穏やかで誠実な方なのですが、時には「思うような人が居ませんねぇ」とつい愚痴をもらされることもあり、何とかして差し上げたいと思っていました。

一方、女性は45才でこちらも初婚。条件では「同居は希望しない」方でしたが、カウンセラーの勘といいましょうか、お二人はお似合いのような気がしましたので「きっと性格的にもうまくいくだろう」と自信を深め、この男性をお勧めしました。

男性にとっては、引き合わせとなれば2回目。今回も、両親との同居という点で条件が合わず消極的でした。しかし、私から「まずはお会いになってからご判断されてもよろしいんじゃないですか」と強くアドバイスさせていただき、やっとお引き合わせにこぎつけました。

多少の心配はありましたが、お引き合わせはうまくいきました。その後、お二人ともお互いを将来の相手として真剣にとらえるようになり、女性が男性のお宅を訪問、ご両親とお会いになったそうです。しばらく経って女性から「彼の人柄には満足していましたので、ご両親に会い、納得の上で結婚を決めました」と報告がありました。

二人の年齢を合計すると96才、当クラブでは今年最高年齢のカップル誕生でした。

あの時、条件にこだわらずお勧めしてみてよかったなと思いました。やはり、会っていただかなけなければわからないことってあるんだな、とあらためて実感したケースでした。

個人のプライバシーに配慮し、設定や状況は実際と変えてあります。